転勤が決まったときの
不動産売却

転勤が決まった場合、所有している家やマンションの扱いに困ることがあります。そのような際、売却だけでなく賃貸や空き家にするという手もあるため、方針を慎重に選ぶことも大事です。長崎のセンチュリー21 プレイス不動産販売では、転勤で住まいの扱いにお困りの方のご相談も承っております。

センチュリー21プレイス不動産販売 不動産相続

期間によって異なるおすすめの選択肢!

売却と賃貸、空き家という3つの選択肢を検討する際、重要になるのは転勤先にいる期間です。以下に期間ごとのおすすめを挙げ、その理由を解説していきます。

1.1~2年のような短期間の場合

すぐに戻ってくることが分かっているなら、スムーズに住み始められるように、空や家にしておくのが得策です。賃貸にしたくても、短期という条件で借りてくれる人は多くありません。宣伝広告費やクリーニング代などが高くなってしまうと、短期間の家賃収入を得るだけではカバーしきれないリスクもあるので注意が必要です。

2.数年間の滞在が確定している場合

転勤先で過ごす期間が明らかであり、それが長いのであれば、賃貸にすることがおすすめです。なぜなら、入居希望者を見つけやすく、自分が戻ってきたときに再び住むことも可能だからです。不在でありがなら、家やマンションを資産として有効活用できるお得な選択といえます。ただし、住まいに不満があるなら売却することも一つの方法です。

3.戻ってくるのか不明な場合

そもそも転勤先から戻るのか決まっていないなら、支出の面を重視して売却を選ぶと良いでしょう。賃貸にしても入居希望者が現れなければ、固定資産税や都市計画税などを延々と支払うことになりかねません。そのようなリスクを回避できますし、もしその地域へ戻ることになった場合でも、売却で得たお金を新たな住まい用の資金として活かせます。

選択肢ごとのメリットとデメリット

3つの選択肢には、それぞれメリットとデメリットが存在します。以下に個別に示すので、期間ごとのおすすめだけでなく、これらも十分に把握したうえで、自分にとって最適なものを選びましょう。

売却する場合

・メリット

まとまったお金が手に入ることで、転勤先での生活に余裕を持てますし、そこでマイホームを購入することなども視野に入れられます。現状の家やマンションとの縁が切れるので、それらに関する納税の義務がなくなり、管理についても一切考える必要がありません。わずらわしさを残さずに新生活を始められます。

・デメリット

買主がすぐに見つからないことも珍しくありません。また、住まいに思い出がつまっている場合、手放してから後悔する人もいます。大金を得て気が大きくなり、浪費するケースもあるので要注意です。なお、抵当権を抹消しなければ売却できないため、住宅ローンが残っていると実現が難しい場合もあります。

賃貸に出す場合

・メリット

戻ってくる時期までの定期借家契約を結べば、借主が住める期間は更新されません。そのため、家賃収入を得ているうえに、戻るときの住まいを確保できているという好ましい状況を維持できます。また、家賃収入が安定することにより、住宅ローンの返済が楽になるケースも多いです。

・デメリット

普通借家契約を結んだ場合、借主の希望によって契約が更新されるケースもあります。それゆえ、戻ったときに退去してもらえないリスクがありますし、定期借家契約でも予定より早く戻った場合は住まいを別に探さなければなりません。

空き家のままにする場合

・メリット

自分の大事なプライベート空間がキープされます。他人に汚されたり傷つけられたりする可能性がなく、一時的に戻ってきた場合など、どのようなタイミングでも自由に中で過ごせます。また、売却や賃貸の手続きなどを行う手間も発生しません。

・デメリット

入居者がいない住まいは、空気の入れ替えや手入れが皆無になるので劣化しやすくなります。放火などの被害に遭うリスクも高まるため、それらの対策として定期的にチェックするような工夫も必要です。住宅ローンが残っているなら、転勤先での住まいの費用と合わせて、住居関連の支出が大きな負担になることもあるでしょう。

売却を選んだ場合はどうするのか?

・家を急いで売らなければならない場合

家やマンションを売却することに決めた場合、そのときの事情によって適切な実施の仕方は違います。たとえば、突然転勤を言い渡されて引越しが目前に迫っているなら、早急に売らなければならないと思うかもしれません。買取という手段を選ぶと、この希望を叶えやすくなります。不動産会社で直接買取るため、たいていはスムーズに取引を進められます。買取の最大のメリットは、早期に現金化が行えることです。しかし、一般的には相場価格の70%~80%での買取が多く売却価格は、相場価格よりも安価になる場合が多いです。センチュリー21プレイス不動産販売でも経験豊富なスタッフのサポートによる迅速な買取を心がけています。

・より高く売りたい場合

一方、より高く売りたいなら、仲介売却を選ぶことが基本です。これは不動産会社に売却を依頼し、仲介によって買主様と売買契約を結ぶことになります。ただし、買主様をお探しする期間が必要となり、販売期間が長くなる場合があります。また、不動産市場の相場価格で売却できる可能性があるメリットがあります。センチュリー21プレイス不動産販売も、買主様を見つけるための宣伝や内見対応といった多様な活動を行っています。

・転勤してからでも売ることは可能

なお、転勤した後でも売れるため、引越しまでの期間が短くても、必ずしも慌てて買取を選ぶ必要はありません。収益を大きくしたいなら、仲介売却も念頭に置いたうえで、いつまでに売りたいのか検討するなど、多角的な視点で判断することが大切です。

不動産のプロに相談して迷いを払拭しよう!

転勤することになり、家やマンションの扱いについて迷ったら、センチュリー21プレイス不動産販売にご相談ください。プロならではのノウハウによって、売却する場合の収益や日程などの見通しを立てられます。売るか賃貸に出すかご検討中の方も、ご相談いただくことで方針を決定しやすくなります。もちろん、その流れで当社に売却を任せていただくことも可能です。

LINEでかんたん無料相談は
こちらからどうぞ!

LINEの登録後、ご相談内容を送るだけ!気軽にご相談いただけます。