住み替え時の不動産売却

家族が増えると家が手狭になってしまい、暮らしにくいと感じることもあるでしょう。解決策として住み替えを検討しているなら当社におまかせください。その他にもマイホームを替えたくなる理由はいろいろと考えられますが、いずれにせよ売却や購入のノウハウを知ったうえで実行に移すことが重要です。
長崎のセンチュリー21 プレイス不動産販売では、住み替えに関するご相談も承っております。

どのような理由で住み替えるのか?

住み替えは以下に挙げるような理由で行われることが多いです。

1.家族の増加で手狭になったから

子どもが生まれると1人あたりのスペースが減りますし、家族に割り当てる部屋が不足する場合もあります。また、親の高齢化による同居なども同様であり、もっと広い住まいに移りたいと思うようになりやすいです。

2.子どもが独立して広く感じるから

子供が独立すると1人あたりのスペースが増えます。そのため、生活空間が広すぎると感じ、一戸建てからマンションに移るなど、これまでより狭い家に住み替えるケースも多いです。

3.転勤して住めなくなるから

転勤を命じられた場合、マイホームをどうするのか検討しなければなりません。戻ってくる予定がない場合は、売却して転勤先で新しく購入する人もいます。

4.家が老朽化したから

築年数が増えて老朽化が進むとリフォームを視野に入れるのが一般的です。しかし、もっと治安が良い地域で暮らしたいなどの要望を持っているなら、修繕にお金を使うのではなく、住み替えを選択することもあります。

家の老朽化

住み替えに必要な取引のフロー

家の売却と購入という2つの取引によって住み替えは成立します。以下に、それぞれの基本的な流れを説明いたします。

売却の流れ・購入の流れ
1.売却の流れ
不動産会社に家の査定を依頼することからスタートします。結果に納得したら、売買契約もしくは媒介契約を結びます。売買契約の場合は、家の引き渡しと現金の受け取りによって完了です。媒介契約に関しては、不動産会社が宣伝などの営業活動を始め、購入希望者が見つかってからの売買契約となります。
2.購入の流れ
最初に行うのは、インターネットや不動産会社を利用した物件探しです。気になる物件があれば、内覧に行って建物や環境を確認します。買うことを決断した場合、次のステップは購入契約を結んで支払いや住宅ローンの手続きをすることです。そして、引き渡しが済むと入居できるようになります。

住み替えにおける売却と購入の順序

住み替えにあたり、不動産売買が両方とも必要であるのは前述のとおりです。それは知っていても、売却と購入のどちらを先に行ったほうが良いのか分からない場合もあるでしょう。3つのパターンがあるので個別に特徴を紹介していきます。

1.売買を同時進行

売却と購入を並行して進め、同じタイミングで決済することが理想です。そうすれば、ホテルなど仮の住まいは不要であり、資金の不足する可能性や大金を管理するわずらわしさも減らせます。売却しても住宅ローンを完済できない場合、買い替えローンを利用すると、不足分と新しい家の住宅ローンを合わせて借りられることも特徴です。なお、このパターンではタイミングの調整に苦労しやすいというリスクがあるので注意しましょう。

同時進行

2.売却を先行

先に売っておくと購入に売却益を充てられるので、余裕を持った資金計画を立てやすくなります。慌てて売却せずに済むため、購入希望者との価格交渉をじっくりと進められることもメリットです。一方、引き渡しを済ませると住む場所がなくなるので、仮の住まいを用意しなければならないというデメリットがあります。

売却先行

3.購入を先行

先に買う方針であれば、満足できる物件をしっかり探し、見つからない場合は住み替えを中止することも容易です。また、転居先を用意してから売却するので、仮の住まいは不要ですし、引越しを急がなくて良いというメリットもあります。ただし、なかなか売却できず、住まいを2つ所有している時期が長くなるケースも見られます。その場合、住宅ローンが二重になりやすいというデメリットがあり、慌てて売るために値段を下げざるを得ないことも珍しくありません。

購入先行

コツを理解してタイミングよく住み替えるには

売却と購入を1つの不動産会社に頼むことが、タイミングよく住み替えるための基本です。異なる不動産会社に依頼するケースとは違い、2つの取引の窓口が同じなので、手間や管理する内容が減ってスムーズに進めやすくなります。また、スケジュールを十分に確保しておくことも大切なコツといえます。なぜなら、理想の物件となかなか出会えないなど、想定以上に時間がかかることもあるからです。

なお、早く確実に売りたいなら、不動産会社による買取を利用すると良いでしょう。仲介による売却より安くなりやすいというデメリットがありますが、購入希望者を探す必要がなく、内覧の対応などに時間を取られることもありません。センチュリー21プレイス不動産販売では、このようなメリットを十分に活かせる買取を実施しています。

住宅ローンが残っていても大丈夫?

住宅ローンの残高が家の売却額より小さい状態をアンダーローンといいます。住宅ローンが残っていても、売却によって完済できるため、新しい家を購入するうえで特に問題はありません。一方、住宅ローンの残高が家の売却額より大きい状態をオーバーローンといい、こちらに関しては対策が必要になります。完済できることが売却の条件となるため、足りない分を預貯金などでカバーしなくてはなりません。また、買い替えローンを利用することも有効な対策です。住み替えローンとも呼ばれており、前述のように住宅ローンの残高を新しい家の住宅ローンに上乗せできるため、自己資金が少ない状況でも売却と購入を検討できるようになります。

住み替えは失敗のリスクを減らすことが大事!

家の住み替えは、資産状況や家族の暮らしに大きな影響をもたらします。そのため、事前に流れを把握したうえで、失敗しないように進めることが重要です。とはいえ、最適なタイミングが分かりづらく、残っている住宅ローンなどについて不安に思うこともあるでしょう。センチュリー21プレイス不動産販売は、そのようなお客さまも力強くサポートさせていただきます。住み替えで家をどうするのか悩んでいらっしゃるなら、ぜひ当社にご相談ください。

LINEでかんたん無料相談は
こちらからどうぞ!

LINEの登録後、ご相談内容を送るだけ!気軽にご相談いただけます。