家を高く売るには

家を手放すのであれば、誰もが少しでも高く売りたいと考えますよね。同じ家であっても、売却金額は売り方で異なります。何も考えずに売却を進めると、数百万円単位で損をしてしまう恐れがあります。

家を高く売る基本のポイントは、信頼できる不動産会社で査定を受けることです。長崎のセンチュリー21 プレイス不動産販売では、「なるべく高く家を売りたい」というお客様のご要望に真摯に対応してまいります。

センチュリー21プレイス不動産販売 不動産相続

誰でも実践可能!家を高く売る方法

家を売却する際は、さまざまな工夫をすることで売却金額を上げられる可能性があります。

1.売却価格を希望金額に設定

家の売却価格は、売主が自由に決められます。購入希望者が現れてから値上げすることは難しいため、まずは売主が希望する金額で売り出すことが重要です。ただし、売却希望額が不動産相場からあまりにもかけ離れている場合は、「購入希望者が現れるまで時間がかかる」「買い手が付かない」といった可能性もあります。また、購入希望者が現れないと、最終的には値下げを余儀なくされるケースも少なくありません。結果的に、相場より安くしないと売れない可能性もあるため、近隣の不動産売却事例を踏まえたうえで売却希望金額を設定することが必要でしょう。

2.信頼できる不動産会社・担当者を選ぶ

家を売却する場合は、信頼できる不動産会社の担当者に相談したうえで売却価格を決定するとよいでしょう。なぜなら、信頼できる不動産会社の担当者であれば、過去の事例や現状の需給など総合的に判断したうえで適正な売却金額を提案してくれる可能性が高いからです。また、信頼できる担当者であれば希望売却額に近くするためにどのような工夫が必要かなど、親身になって相談に乗ってくれる可能性があります。

センチュリー21プレイス不動産販売 宅地建物取引士と行政書士の資格を持ったスタッフが、不動産のコンサルティングから相続に関する手続きまでで対応いたします。

不動産会社や担当者が信頼できるかを見極めるのに参考になるのが、以下のような対応です。

・査定価格の根拠を丁寧かつ難しい言葉を使わず分かりやすく説明してくれる。
・メリットだけでなくデメリットについてもしっかりと説明してくれる。

基本的に、家を売る側は不動産の売買の知識に精通している人のほうが少ないため、あいまいでなくしっかりと納得できるまで説明してくれる担当者は、信頼できると考えられます。

3.家をきれいにしておく

掃除やメンテナンスで家をきれいにしておくことで、売却価格を高くできる可能性があります。掃除やメンテナンスの注意点は、次の通りです。

■掃除・ハウスクリーニング

家の内外どちらにもいえることですが、汚れている家は内覧での印象が悪くなります。内覧での印象が悪いと、「管理がいい加減な人が使っていたから耐久性が心配」「見えない部分に瑕疵がある可能性がある」といった疑念を抱かれかねません。また、購入希望者が見つかりにくかったり売却価格を値下げ依頼されたりする可能性もあります。そのため、売却前に徹底した掃除を行うことが賢明でしょう。掃除のポイントは、汚れが目立ちやすい水回りを中心に行うことです。場合によっては、ハウスクリーニング業者の利用を検討するのも良いでしょう。自分が買う立場になり気持ちよく利用できるかを考慮した掃除やクリーニングを心がけると効果的です。

■建物・設備のメンテナンス

建物・設備が老朽化などしている場合、買主にとっては買い換えやリフォームが必要になる可能性があるため、内覧の印象は悪くなります。そのため、売却前に建物や設備のメンテナンスも行っておくと安心です。ただし、設備や建物のメンテナンスは、掃除やハウスクリーニングよりも多額のコストがかかります。そのため、業者に依頼する場合は、費用対効果を慎重に見極めなければなりません。判断に迷うときは、不動産会社の担当者に相談することをおすすめします。

あてはまれば期待できる!高く売れる家の条件

相対的に人気のある家は、高く売れる傾向があります。ここでは、「物件の状態」「立地面」「設備や間取り」といった3つの視点から人気のある物件の条件を確認していきましょう。

物件の状態:メンテナンスが行き届いている家が人気

中古住宅市場では、メンテナンスが行き届いている家が人気を集めています。なぜなら、適切に手入れされている家は安心感があるからです。これは、中古車で考えるとよく分かるのではないでしょうか。例えば、定期的に整備している車は安心して乗ることができます。家の場合は、屋根や外壁、水回り(臭いも含め)などが手入れされている家は、同じグレード・築年数で手入れされていない家よりも高く売れる可能性が高まるでしょう。

また、ホームインスペクションを受けている家も同様です。ホームインスペクションとは、ホームインスペクター(住宅診断士)が第三者的な立場から家の状態や劣化状況を診断することを指します。家の劣化状況や欠陥が専門家の目線で明らかになるため、ホームインスペクションを受けている家は、受けていない家よりも売却価格を上げること期待できるでしょう。

立地面:利便性の高い家が人気

立地面では、利便性の高い家が人気です。具体的には、「駅からのアクセスが良い」「商業施設や病院、学校が近くにある」「ハザードマップ上で災害リスクが低い」といった家は、需要が高いため、売却金額を上げることが期待できるでしょう。家の立地は、後から変更することはできないだけに、購入時に重視する人が多い傾向です。

設備や間取り:需要が高い間取りや設備がある

設備や間取りも家の人気を左右します。例えば、「対面キッチンがある」「ウォークインクローゼットがある」など付加価値はさまざまです。他にも、リビングと隣接する和室があったり、リビングが広かったりする家も人気といえるでしょう。これらを踏まえると、需要が高い間取りや設備がある家は人気が高くなります。人気がある間取りや設備がある家の場合は、不動産会社の担当者と相談のうえ強気の売却金額を設定してみてはいかがでしょうか。

家を高く売るためまずは査定を受けましょう

家の売却価格は、売主が自由に決めることができますが、希望する売却金額が相場と乖離していると売れないことがあります。まずは、信頼できる不動産会社で売却金額の簡易査定を受けてみましょう。

センチュリー21プレイス不動産販売では、無料査定を行っています。地域密着の不動産会社として20余年、さまざまな物件売却に携わった実績が強みです。無料査定や相談は、LINEでかんたんに行えるため、ぜひ気軽にご相談ください。

LINEでかんたん無料相談は
こちらからどうぞ!

LINEの登録後、ご相談内容を送るだけ!気軽にご相談いただけます。